おすすめノブログ

デジタルツールの紹介&レビュー評価比較

【最新版】絶対ペイ!キャッシュレス決済 お得キャンペーン還元率比較まとめ

2020年7月版(更新日 7/4)

移動自粛も解除されコロナ全面解除になったけど、密は悪だということで 皆が集まるようなキャンペーンは自粛してる感じ。残念。

マイナポイント(9/1~)に備えて マイナンバーカード申請しておきましょう。マイナポイントに1つだけ紐付けできるキャッシュレスな支払い方法は、万能な楽天カードか?現状最高還元率で+2,000円WAONか?使える店が多い+1,000円なau PAYか?悩むね。

クレカ(クレジットカード)、電子マネー(FeliCa、おサイフケータイ)、QRコード払い(〇〇ペイ)などのキャッシュレス決済キャンペーンの還元率を比較。

お得に生きるために、「ずばり!今月はこれを使え!」的な 結論を公開。

って、実は 自分が街で使った後に「あっ!しまった。使うのこれじゃなったよ。損した。。」と悔やむのを防止するメモ的なページです。

 

 

 

ウェルシアのみ(毎月20日)

ウェルシア

Tポイント保有数まで 33%

200ポイント以上利用必要

1.5倍分の買い物ができる(例。1,500円分を Tポイント1,000で支払い可)

(期間)毎月20日

(支払い上限)なし

  • クレカなどで貯まったポイントの移行先を Tポイントにすることで、実質1.5倍にすることができる錬金術的キャンペーン
  • もっと早く知っていればと、過去に使ったTポイントが悔やまれる。。
対象のd払いサイト&店舗(Nojima Onlineなど)(6/1~8/31)

d払い

最大10,000円/月まで 11.5~12%

毎月エントリー必要

dポイント利用分は対象外

毎月エントリー必要

(期間)6月1日~8月31日

(還元上限)1,000ポイント/月

  • 通常0.5~1%+期間限定10%+dカード1%
  • 10月上旬頃にdポイント(期間・用途限定)を進呈。有効期間は進呈日から3か月間。
対象のPonta店舗のみ(ビックカメラ、丸善書店など)(7/1~31)

au PAY

最大75,000円/月(8,571円/回)まで 5%

三太郎の日(3日、13日、23日)は 8~11%(4,615円~3,157円/回)

auスマートパス プレミアム会員(有料)なら三太郎の日+3%

エントリー必要!

(期間)7月1日~31日

(還元上限)3,000ポイント/月

(1回上限)300ポイント

  • 通常0.5%+キャンペーン3.5~9.5%+アマゾンMastercardチャージ1%
  • ポイントは、Pontaポイントとしてご利用の翌々月末頃までに加算
ローソンのみ(無期限)

au PAY

最大75,000円/月まで 5%

三太郎の日(3日、13日、23日)は 8~11%

7/3~ auスマートパス プレミアム会員(有料)なら三太郎の日+3%

(期間)6月1日~未定

(還元上限)3,000ポイント/月

  • 通常0.5%+キャンペーン3.5~9.5%+アマゾンMastercardチャージ1%
  • ポイントは、Pontaポイントとしてご利用の翌々月末頃までに加算
  • その他キャンペーンはこちら
セブンイレブンのみ(7/1~31)

PayPay

最大2,000,000円まで 5%?

「必ず3等は当たる」という私の勝手な推測による還元率

PayPay残高払い必要(なぜか今回だけ ヤフーカード払いも可)

(期間)7月1日~31日

(還元上限)100,000ポイント

  • 支払日の翌日から起算して30日後にPayPayボーナスを付与
  • 最大10万ポイントが当たる ペイペイジャンボも有
  • 出前館 30%オフなど その他キャンペーンはこちら
ほぼ全てのd払いサイト(毎週 金・土曜)

d払い

最大1,000,000円/月まで 4~7%

毎月エントリー必要

dポイント利用分も対象!

Amazonは金曜日のみを推奨(土曜だと決済処理が日曜になる恐れ有)

(期間)無期限

(還元上限)20,000ポイント/月

  • 通常1%+期間限定2~5%+dカード1%
  • 購入月の翌々月上旬頃にdポイント(期間・用途限定)を進呈。有効期間は進呈日から3か月間。
  • メルカリ 20%オフ毎月20日dショッピング20%オフなど dポイントも含めたその他キャンペーンはこちら
コンビニ3社とマックのみ(無期限)

三井住友カード

カード上限まで 2.5%

電子マネーの iDも対象

対象店舗は、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド

(期間)無期限

(還元上限)なし

  • Vポイント0.5%が 通常の5倍
  • Vポイントは、他ポイントへ等価交換可(500ポイント~)
  • Apple Pay利用者は、Vポイントを  iDバリューへ等価交換可(1ポイント~)
おすすめの常時高還元な支払い方法

考え方など 

経産省のキャッシュレス還元が6月末で終了。次のイベントである 総務省のマイナポイント(2万円利用で5000ポイント還元)が9/1~始まる。

最近はキャッシュレスのキャンペーンが少ないので、無理にポイントを貯めるのではなく、今までのキャンペーンで貯めたポイント(特に期間限定ポイント)や チャージ残高を消費する時期だと思う。

にしても、

キャッシュレス払いは、複雑だけど 攻略しがいのあるゲームみたいで楽しいね。