おすすめノブログ

デジタルツールの紹介&レビュー評価比較

絶対買い! ロワジャパン製 ルンバ用 互換バッテリー

2020/12月にロワジャパン製 ルンバ用 互換バッテリーを Amazonにて 実質2,821円で買いました。

互換バッテリーって、「爆発したり、ちゃんと動作しなかったりしたらどうしよう」って最初は思っていました。

でも、コンデジ全盛期(10年前かな?)にデジカメの予備バッテリーとして、初めて ロワジャパン互換バッテリーを買って、問題なくフツーに使えたことから、その後の互換バッテリーは ロワジャパン製しか使っていません。今では、ロワジャパン以外は怖くて買えないです。だって、他のメーカだと「爆発したり、ちゃんと動作しなかったりしたらどうしよう」って悩まなきゃいけないので面倒じゃん!

デジカメだけでなく、コードレスフォン、マキタ掃除機でもロワジャパン製 互換電池を買ったけど、どれも問題なく動作します。 

そして、今回は ルンバ用 互換バッテリーを買いました。

ルンバは絶対買い!」と当ブログで書いたのですが、ルンバの大きな問題点は 電池が3~4年で弱ってくること。弱ってくるとカーペットなどの段差を乗り越える力が弱くなりエラーで止まるようになります。それを直すには、電池交換しかありません。でも、純正品は高い。そこで、互換品が買いたくなる。純正品だと1万円ですが、互換品なら1/3以下! 

でも、ルンバ用の電池って大きく、万一爆発したら大惨事になるので互換品は不安。

ところが、ロワジャパン製なら安心。なぜなら、今まで不具合ゼロだし、実は3~4年前にも ロワジャパン製のルンバ用電池を買っており、問題なく使えたので。

つまり、今回はリピート買いなんです。

ちなみに、互換品で一番有名なのはプリンターのインク。でも、私は一度も互換品を使ったことがありません。その理由は、知り合いが 初めて互換品を使ったらプリンターが故障して廃棄になったから。。

互換品には不良品って言葉は通用せず、一度でも不具合を出したら、二度と使ってもらえない。しかも、不具合を出した本人だけでなく、その知り合いまでも。互換品は、純正品よりもシビアな商品だと思う。

私が勝手に応援している 互換品というニッチ市場で頑張るロワジャパン 。互換バッテリーでどれを買おうか迷ったら、まずはロワジャパン製を絶対

買い!